座椅子のように使える快適さ

日本人にぴったりのソファ

日本の住宅でもリビングにソファを置くことは一般的となりましたが、もともと日本人は畳での生活をしてきた文化もあり、床に座って過ごしたがる傾向にあります。せっかくソファを購入しても、そこに座らずに床に座って背もたれのように使っている人もいるのではないでしょうか。そこで注目されているのが、通常のソファよりも背が低く床に近いローソファです。座椅子のような感覚で使うことができますので、洋室だけではなく和室にも使いやすく、日本人にはぴったりのソファと言えます。コタツとの相性も良いので、冬場も快適に使えるのも嬉しいところです。高さがありませんので、赤ちゃんやペットのいる家庭にも安心して使うことができるのもローソファを選ぶメリットです。

高さがないので圧迫感がない

背の高い家具を置くと圧迫感があり、部屋が狭く見えてしまう傾向にあります。特にソファは大きさのある家具なので部屋の雰囲気には大きな影響も出てきます。その点、ローソファは高さがありませんので、圧迫感もなく大きなサイズのものを選んだ場合も部屋が広く見える傾向にあります。デザインも豊富に用意されていますので、部屋の雰囲気と合う色や素材のものを選びましょう。シックなタイプなら和室にも無理なく馴染ませることができます。ソファは長く使っていくものなので、やはり座り心地の良さは大事です。最近は通販で選ぶ人も増えていますが、可能であれば実際に来店して座り心地を確認しておくとより安心です。そして、背の高い家具とは合わせにくい傾向にありますので、テーブルなども高さが合うものを選びましょう。